カレンデュラエッセンシャルオイル

これまでこのページでは、ラベンダー、レモン、ペパーミントなど、ごく一般的なエッセンシャルオイルを紹介してきました。しかし、カレンデュラという名前を聞いたことはありますか?ローマ皇帝の名前やハリーポッターの呪文のように聞こえるかもしれませんが、実はマリーゴールドの一種で、黄金色の花を咲かせます。学名は「calendula officinalis」で、エッセンシャルオイルにもそのような表記がされています。それでは、カレンデュラとはどんな植物なのでしょうか。

カレンデュラ精油の用途

  • カレンデュラはハーブによる治療に長い歴史を持っています。このオイルには、抗菌作用と抗炎症作用があります。多くの火傷治療に重要な成分で、傷の治癒を助け、傷跡を減らしたり消したりする効果があります。
  • カレンデュラエッセンシャルオイルは、さまざまな皮膚疾患の治療に使用されます。発疹や虫刺されのほか、皮膚炎や乾癬などの皮膚疾患の治療にも使われています。また、顔や背中にできるニキビやそれに伴う傷跡を軽減します。
  • おむつかぶれの治療にも使用できます。ただし、赤ちゃんへの安全性を確認するために、まずは医師に相談してください。カレンデュラオイルは、一般的に非常に穏やかで落ち着きのあるオイルですが、特定の人にはアレルギー反応を引き起こす可能性があります。
  • カレンデュラオイルには、抗真菌作用があります。このエッセンシャルオイルを数滴とキャリアオイルを使って、あかぎれや水虫のための軟膏を作ることができます。
  • 多くの歯磨き粉やマウスウォッシュには、カレンデュラエッセンシャルオイルが含まれていますが、これは強力な抗菌・防腐作用があるからです。虫歯やその他の口腔衛生上の問題の予防にも役立ちます。

カレンデュラエッセンシャルオイルの購入先

カレンデュラエッセンシャルオイルは、他のエッセンシャルオイルに比べて入手が少し難しいかもしれません。ドテラのような人気のあるエッセンシャルオイルブランドでは、現在カレンデュラオイルを販売していません。しかし、一部の健康食品店やAmazonなどのオンラインショップでは販売されています。カモミールとキンセンカは花の形が似ているので間違えやすいのですが、100%ピュアなキンセンカのエッセンシャルオイルがパッケージに記載されていることを確認してください。

カレンデュラ精油の作り方

カレンデュラエッセンシャルオイルは、入手のしやすさや純粋なオイルを求める声から、自宅で手作りする人もいます。自家製のカレンデュラ精油は、殺菌した道具や容器を使えば安全です。カレンデュラエッセンシャルオイルの作り方は、ネット上でいろいろ紹介されていますが、ほとんどの場合、ガラス瓶、しぼったカレンデュラの花、オリーブオイルやココナッツオイルなどのキャリアオイルを用意します。ガラス瓶の中に材料を入れ、カレンデュラエッセンスがオイルに吸収されるまで数週間待ちます。瓶は1日に数回振り、準備ができたらオイルを濾して清潔な容器に保存します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。